--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2008年04月20日(日)

元・プリンスホテル製菓料理長 渡辺義雄先生の講義

師範科5回目は何時も通っている近場の教室ではなく、有楽町教室での受講でした。

受講する教室が違うだけではなく、担当講師もホームメイド協会の先生ではなく
元・東京プリンスホテル製菓料理長で、フランス料理コンクールの審査員も務める渡辺義雄先生という
ホームメイド協会としては気合の入った講義なのでした。

MENUはトゥレトゥール(料理菓子)と、アントルメ(デザート)の2種類で、
Tourte・de・veaus・aux・pommes・de・Terres (仔牛とジャガイモのトゥルト香草風味)
Fraises a' l´andalouse (アンダルシア風苺飾りオレンジムースクリーム)

よく分からないけどレシピを見る限り、とっても美味しそう!!


(。・`ノω・)コッソリ・・・まぁ、ケーキ教室に通っていると言っても月2回の受講 (始めてから1年半)
しかも今回は受講生36名程という大人数、受講時間は2時間という非常に限られた枠の中で、
どんだけプロの技を盗めるかっつーと、まずホトンド無理だろって感じなのですが、
(はい。勿論、ド素人の生徒達ですもの。プロの先生に教わるにしても調理実習はありません。)
それでもプロが目の前で作業している様子を、最初から最後まで見学していられるというのは
とても意味あることで楽しい内容だと思いました。きゃっ

それにしても今まで習った内容をスッカリ忘れていたり、
先生の言葉より友達とのお喋りに夢中になっている生徒相手の講義って、大変だろうなぁ。(笑)

画像 001

人数が多いので、後列の生徒は鏡越しでの受講です。
いや、まー。それにしてもビックリ。プロの手付きって違う!違い過ぎる。←当たり前ですネ。

画像 008

ぱっと目は、ただの太っちょオジイチャンって感じ(ゴメンナサイ)の先生は
(ジェネレーションギャップの為に)理解不能なギャグを喋り、グッシッシッシッと笑いながら、
いとも簡単にタルトの土台部分を5~7個完成させちゃいました。

画像 005

大人数分を作るので肉の量も半端じゃない。うまそー!
材料が仔牛フィレ肉だなんて、な~んて贅沢なんでしょ。

画像 007

その他の材料もプロっぽい。
玉葱ではなくエシャロット、香草もパセリ、セルフィユ、シブーレットの3種類を使用しました。

で、これが完成品。

画像 019


画像 023

薄くスライスしたジャガイモと仔牛肉が沢山詰まったお惣菜系のタルト。
胡椒が効いて美味しい!ワインプリーズって感じ!!

フレーズ・ア・ランダース

フリーズドライ苺・フレッシュ苺のゼリーの上にオレンジ風味のムースを重ね
マリネしたフレッシュ苺とミントを飾り、ほど良い塩味のビスキュイが添えられています。 (*゚Д゚)ゥマーィ!!!


※※※

せっかく有楽町まで来たんだし、東京土産を買っていくかな?
ということで、

画像 026

DALLOYAUのOPERA。

画像 027

ちっとも東京土産じゃないけれど(笑) おいちぃ♪LOVE


【More・・・】

こういうイベント的な講義が時々ある事を考えると、
小さなケーキ教室より大手の方がお得で楽しいかなぁ?とは思うけれど・・・
それでも21万円を支払って卒業し、月1回のケーキ作りを(セミナーは月1回)習うというのは
趣味の範囲で楽しんでいるニコッペには高過ぎる授業料に感じられる。

手に職付けてって言うならば専門学校にでも通って、毎日何時間も習わないとねぇ。

ホームメイド協会で習った事の意味は大きく、とても役に立ったけど・・・とっても楽しかったけど・・・
特に今回の受講で身の丈を知った訳だしさ。

家庭で気軽に楽しく作れる範囲のお菓子作りを教えてくれる教室を探そうと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 美味しかった♪ - ジャンル : グルメ

EDIT  |  18:31 |  お菓子教室  | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。