--年--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:-- |  スポンサー広告  | Top↑

2007年06月11日(月)

Paris旅行記 更新中

悲劇の王妃マリーアントワネット。

政略結婚の為に14歳で祖国オーストリアから、後のフランス王ルイ16世の元に嫁いだ女性。
年端もいかない娘が、あんな絢爛豪華な宮廷で暮らしていれば
そりゃ、彼女じゃなくても感覚がおかしくなるだろうと思う。

ちなみに「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」という有名な台詞は
正しくは「お菓子」ではなく、「ブリオッシュ」が正解で、原文はQu'ils mangent de la brioche”、
直訳すると「彼らにはブリオッシュを食べさせなさい」となるそうです。
そして現在では、その言葉はマリー・アントワネット自身の言葉ではないとされるそうです。

                        ※参照 フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

マリーアントワネット1

ニコッペ的には、フランス王妃マリーアントワネット!と言えばこちらの映画より、
絶対的にベルサイユのばらなんだけれど・・・って、あれ?ちと古い?(笑)

ニコちゃん。の旅日記 http://nikochan-trip.blog.drecom.jp/

Paris旅行記 時差ボケと戦いながら更新中♪
スポンサーサイト

テーマ : フランス - ジャンル : 旅行

EDIT  |  14:00 |  おでかけ  | Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。